logo of HRCG to English version  top photo of HRCG

最新情報:2018/02/18 更新

2018年5月–9月開催の HRCG 第 2 回公開講座「地形・地質から北海道の自然災害を考える–北海道で起きている自然災害の状況と, 自然災害の犠牲にならないための基礎知識を学ぶ–(6 回シリーズ)」が北海道教育委員会主催の道民カレッジ連携講座に指定されました. [2018/02/18]

自然災害研究のエキスパートが市民向けにやさしく解説します. 道民カレッジ受講生であるかどうかにかかわらず, 関心をお持ちの方はどなたでも受講することができます. また, 6回の講座全てに受講することが歓迎されますが, 関心をお持ちの回のみの受講も可能です. 受講申込先ならびに講座内容, 会場, 受講定員, 受講料や受講申込期限などを含む詳細は 公開講座 の頁をご覧ください. 広報用の資料はこちらから入手可能です.

その1:5/19 (土) 09:30–11:30, なぜ日本列島には自然災害が多いか
その2:6/16 (土) 13:30–15:30, 地震火山列島日本
その3:7/14 (土) 13:30–15:30, 土砂災害(地すべり・崩壊・土石流)と河川氾濫
その4:8/18 (土) 13:30–15:30, 北海道の災害は本州とどう違うか
その5:9/15 (土) 13:30–15:30, 防災情報とはどんなもの?
その6:9/29 (土) 13:00–16:00, 地すべり地形見学


HRCG 第 8 回研究セミナーの開催が決定しました. [2018/02/18]

講演者: 関根達夫 (北海道総合地質学研究センター)
講演タイトル:幻の湖「古藤野湖」
日時: 2018 年 3 月 3 日 (土曜) 13:00–16:00
場所: かでる 2.7 北海道立道民活動センター 620 会議室 (札幌市中央区北2条7丁目)

会員以外の方でも関心をお持ちの方は自由に参加することができます. 詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください. 講演要旨を含む広報用の資料はこちらから入手可能です.


2018/02/03: HRCG 第 7 回研究セミナーを開催しました.

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください.


電子ジャーナル「総合地質」掲載論文の書誌情報が国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センターの「地質文献データベース」 に収録されることになりました. [2018/01/22]


2017/12/15: 電子ジャーナル「総合地質」(ISSN 2433-7161) を創刊し, 1 巻 1 号を公開しました.

詳細は 出版物 の頁をご覧ください.


HRCG 第 7 回研究セミナーの開催が決定しました. [2017/11/10]

講演者: 山岸宏光 (北海道総合地質学研究センター)
講演タイトル:水中火山のはなし–NHK ブラタモリ室蘭 (2017年11月25日放映) に関連して–
日時: 2018 年 2 月 3 日 (土曜) 14:30–16:00
場所: かでる 2.7 北海道立道民活動センター 920 会議室 (札幌市中央区北2条7丁目)

会員以外の方でも関心をお持ちの方は自由に参加することができます. 参加は無料ですが, 資料代 300 円が必要です. また予約は不要ですが, 会場の収容人数に制限があるため, 先着順とさせていただきます. 詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください. 講演要旨を含む広報用の資料はこちらから入手可能です.


2017/10/13, 14: HRCG 第 1 回公開講座「札幌の失われた川を歩く」を北海道教育委員会主催の道民カレッジ連携講座として実施しました.

詳細は 公開講座 の頁をご覧ください.


2017/09/14: HRCG アクセスフリー電子ジャーナル「総合地質」の投稿規則・投稿カードなどを収録しました.

詳細は 出版物 の頁をご覧ください.


HRCG 第 1 回公開講座「札幌の失われた川を歩く」が北海道教育委員会主催の道民カレッジ連携講座に指定されました. [2017/09/12]

講師: 宮坂省吾 (北海道総合地質学研究センター)
日時: 2017 年 10 月 13 日 (金曜) 18:00–20:00 札幌市中央区北2条西7丁目 かでる 2.7 にて事前座学. 2017 年 10 月 14 日 (土曜) 13:00 札幌市北区北9条西5丁目 北大正門前集合の後, 北大植物園周辺まで歩き, 失われた川の痕跡を観察. 15:00 北大植物園にて解散予定. なお, 参加には参加費と予約が必要です (締切 10/10). 詳細は 公開講座 の頁をご覧ください. 広報用の資料はこちらから入手可能です.


2017/10/01: HRCG 第 6 回研究セミナーを開催しました.

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください.


2017/10/01: 特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センターの通常総会を開催しました.


HRCG 第 6 回研究セミナーの開催が決定しました. [2017/09/12]

講演者: 松田義章 (北海道総合地質学研究センター)
講演タイトル: 地学教育の課題とその改善
日時: 2017 年 10 月 1 日 (日曜) 15:30–17:00
場所: 北海道クリスチャンセンター 201 研修室 (札幌市北区北7条西6丁目)

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください. 講演要旨を含む広報用の資料はこちらから入手可能です.


2017/05/28: HRCG 第 5 回研究セミナーを開催しました.

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください.


2017/05/07: 北海道総合地質学研究センターは pdf フォーマットの電子ジャーナル「総合地質 (General Geology)」の定期的発行を決定しました.

「総合地質」は北海道総合地質学研究センターに所属しない方からの投稿も受け付けます.「総合地質」発行の目的・理念,投稿・編集・出版規則や投稿カード,その他の詳細は 出版物 の頁をご覧ください.


2017/05/07: 「特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センター 2015年度年報」を公開しました.

詳細は 活動記録・活動実績 の頁をご覧ください.


2017/05/07: HRCG 第 4 回研究セミナーを開催しました.

講演者: 石﨑俊一 (北海道総合地質学研究センター)
講演タイトル: Madagascar 南部の地質と鉱物資源
日時: 2017 年 5 月 7 日 (日曜) 13:00–14:30
場所: かでる 2.7 北海道立道民活動センター 750 会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください. 講演要旨を含む広報用の資料はこちらから入手可能です.


2017/03/03: HRCG 第 3 回研究セミナーを開催しました.

講演者: 合地信生 (北海道総合地質学研究センター・斜里町立知床博物館)
講演タイトル: 考古学と岩石学の接点 & ブラタモリ知床
日時: 2017 年 3 月 3 日 (金曜) 13:00–14:30
場所: かでる 2.7 北海道立道民活動センター 620 会議室 (札幌市中央区北2条7丁目)

詳細は 研究セミナー の頁をご覧ください. 講演要旨を含む広報用の資料はこちらから入手可能です.


2017/01/14: フォーラム に 研究展望:後期ジュラ紀−白亜紀初期の石英質付加体砂岩と水平沈み込み (君波和雄) を掲載しました.


2017/01/01: 北海道総合地質学研究センター公式ホーム頁 (http://www.hrcg.jp) の公開を開始しました.


2016/12/09: フォーラム に ブラタモリ「知床」撮影現場より (合地信生) を掲載しました.


2016/10/08: 厚真地域の巡検を実施しました (最終間氷期研究会との共催).


2016/09/10: 日本地質学会第 123 年学術大会 (日本大学) において 嵯峨山 積と前田仁一郎が 初めて 北海道総合地質学研究センター所属として講演を行ないました.


2016/08/14: HRCG 第 2 回研究セミナーを 北海道大学で開催しました.

講演者 宮下純夫 (北海道総合地質学研究センター・新潟大学).

2016/05/29: HRCG 第 1 回研究セミナーを 北大山岳館において開催しました.

講演者:嵯峨山 積, 加藤孝幸 (2 件), 前田仁一郎 (2 件), 岡 孝雄.

2016/03/01: 特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センター (Hokkaido Research Center of Geology: HRCG) の設立が承認され, 正式に発足しました.


イベントカレンダー

2018/03/03: HRCG 第 8 回研究セミナー 関根達夫, 幻の湖「古藤野湖」 (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/05/19: HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その1 なぜ日本列島には自然災害が多いか (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/05/20–2018/05/24:日本地球惑星科学連合 2018 年大会 (千葉 幕張メッセ)


2018/06/16:HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その2 地震火山列島日本 (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/07/14:HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その3 土砂災害(地すべり・崩壊・土石流)と河川氾濫 (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/08/18:HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その4 北海道の災害は本州とどう違うか (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/09/05–2018/09/07:日本地質学会第 125 年学術大会 (北海道大学)


2018/09/15:HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その5 防災情報とはどんなもの? (札幌市中央区 かでる 2.7)


2018/09/19–2018/09/21:日本鉱物科学会 2018年 年会 (山形大学)


2018/09/29:HRCG 第 2 回公開講座 「地形・地質から北海道の自然災害を考える」その6 地すべり地形見学 (札幌市手稲区 JR 手稲駅集合・解散)


北海道総合地質学研究センターについて

特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センターは, 大学や研究機関, 教育機関, 自治体, 企業などで地質学の研究・教育・実務に従事し, 退職の時期を迎えたものたちと迎えつつあるものたちによって 2016 年 3 月 1 日に設立されました.


北海道総合地質学研究センターは, それまで行ってきた様々な創造的活動を退職後も意欲的に継続したいという私たちの希望をかなえる舞台に, また一方で, これまでに培ってきた地質学に関する専門性を活用し, 今後も社会的な役割を果たし, 私たちを育ててくれた社会への恩返しをするための舞台になることを目指しています. いわば, 退職地質屋の, 退職地質屋による, 退職地質屋 (と, もちろん, 我々の社会) のための (of the retired geologists, by the retired geologists, for the retired geologists and our community) 研究センターです. 所謂「人生100年時代」における退職者のアクティブな生き方の試みでもあります. 一方で, 積極的に院生・学生会員を受け入れており, 地質学の後継者の育成にも役立ちたいと考えています.


北海道総合地質学研究センターと構成メンバーの関係や知的所有権に対する考え方プライバシーポリシーもご覧ください.


北海道総合地質学研究センターが開催する研究セミナー, 公開講座, 電子ジャーナル「総合地質」などに関する e-mail ニュースをご希望の皆さま

北海道総合地質学研究センター office@hrcg.jp 宛にお名前を添えて e-mail にてご連絡ください. その e-mail アドレス宛にニュース (不定期) をお送りいたします. お送り頂いた個人情報の取扱は北海道総合地質学研究センタープライバシーポリシーによります.


北海道総合地質学研究センターへのお問い合わせ・入会申込・寄付申込