logo of HRCG  top photo of HRCG

総合地質 2巻 1号 2018年10月25日発行 [full-issue PDF link]
General Geology, Vol. 2 No. 1, October 25, 2018

[論説]

北海道札幌市東区のボーリングコアにおける上部更新統~完新統の堆積環境と層序 [PDF link]
嵯峨山 積・佐藤 明・井島行夫・岡村 聡
総合地質, 2巻, 1–11 頁
Sedimentary environment and stratigraphy of the late Pleistocene to Holocene of boring core drilled in the Higashi Ward of Sapporo, Hokkaido, Japan [PDF link]
Tsumoru Sagayama, Akira Sato, Yukio Izima and Satoshi Okamura
General Geology, Vol. 2, Page 1–11.

要旨

上部更新統~完新統の層序を検討する上で, 14C 年代の測定, 火山灰や珪藻の分析は有効な手法であり, これらの測定や分析は土木構造物や建築物の基礎調査で得られたボーリングコアを用いて行うことが可能である. 札幌市東区においてボーリングにより長さ 43.50 m の後期更新世~完新世堆積物 (SL-2 コア) が採取され, 同堆積物の層序や堆積環境の解明のために放射性炭素年代測定や火山灰分析,珪藻分析を行った. 火山灰分析では,広域対比可能な約 4.1 万年前の支笏軽石流堆積物 (Spfl) や約 11.3 万年前の洞爺火山灰 (Toya), MIS5e 期の新たな火山灰 (札幌東区火山灰, SHa; 新称) を認定した. 珪藻分析により縄文海進時の汽水環境が明らかになり, 同海進高頂期の汽水湖は紅葉山砂丘から南長沼まで広がっていたと推定した. 今回の結果は, 今後の札幌市における地下地質の層序研究にとって有用なデータの1つと考える.

Abstract

In order to elucidate stratigraphy and sedimentary environments of the Pleistocene and Holocene in the Ishikari Lowland, we carried out radiometric carbon age measurements, and analyses of volcanic ash and diatom for a boring core (SL-2) of 43.50 meter long obtained from the Higashi Ward, Sapporo, central Hokkaido. From volcanic ash analysis, we have identified the following three late Pleistocene ash layers useful for wide correlations: the Shikotsu Pumice Flow deposits (Spfl) of ca 4.1 ka, the Toya volcanic ash (Toya) of ca 11.3 ka and newly identified Sapporo Higashi-ku volcanic ash (SHa) in MIS5e. Our and previous studies on diatom fossils indicate the Paleo-Ishikari Lake, a brackish water lake, had spread over a wide area from the Momijiyama dune to the Minami-naganuma at the maximum stage of the transgression, 7,000 cal BP. The stratigraphic and environmental data presented in this study provide insights into the Quaternary evolution of the Ishikari Lowland.


[アイデア]

堆積物に乏しい海溝から富んだ海溝への転換:白亜紀四万十帯を例にして [PDF link]
君波和雄
総合地質, 2巻, 12–19 頁
A conversion from sediment-starved to sediment-filled trench: An example from the Cretaceous Shimanto Belt [PDF link]
Kazuo Kiminami
General Geology, Vol. 2, Page 12–19.

要旨

背弧盆や前弧盆は, 多量の陸源砕屑物を蓄えることができるので, それらの消長は,海溝への砕屑物供給に重要な影響を与えうる. 白亜紀古世後期の四万十帯付加体が非常に貧弱なのに対して, セノマニアン-前期コニアシアン (ca. 100–88 Ma) の付加体は厚い粗粒砕屑物から構成される. この事実は, 白亜紀古世後期の四万十海溝が堆積物に乏しく, セノマニアン-前期コニアシアンのそれが堆積物に富んでいた可能性を示唆する. 膨大な砕屑物をトラップした慶尚–関門盆 (背弧盆?) は, ca. 127 Ma に堆積を開始し, セノマニアン初期には終焉を迎えた. また, 黒瀬川帯の物部川層群を堆積した前弧盆は, オーテリビアンから前期バレミアン (ca. 130 Ma) に堆積を開始し, ca. 100 Ma に終焉を迎えた. これらの事実は, 慶尚–関門盆と物部川盆の終焉が海溝への多量の砕屑物供給と多量の付加をもたらした可能性を示唆する.

Abstract

The late Early Cretaceous Shimanto Belt is characterized by a poorly developed accretionary complex, in contrast to the Cenomanian–early Coniacian accretionary complex that is made up of thick sequences of coarse-grained clastic sediments, suggesting the onset of voluminous influx of clastic sediments to the Shimanto Trench from the Cenomanian. The amount of sediments in a trench may be controlled by the presence of back-arc, intra-arc and forearc basins, because the basins can store kilometers of sediments in thickness; consequently, most of sediments do not reach the trench. Sedimentation in the Gyeongsang–Kanmon Basin which stored large volumes of clastic sediments commenced at ca. 127 Ma and ended at ca. 98 Ma or during the early Cenomanian. Development of the Monobegawa forearc basin in the Kurosegawa Belt lasted from the Hauterivian–early Barremian (ca. 130 Ma) to ca. 100 Ma. The periods of sedimentation in the Gyeongsang–Kanmon and Monobegawa basins coincide roughly with the period of poorly developed accretionary complex during the late Early Cretaceous. In addition, the demise of Gyeongsang–Kanmon and Monobegawa basins was almost synchronous with the initiation of rapid growth of the Shimanto accretionary complex during the early Cenomanian. In this context, I here propose that a conversion from sediment-starved to sediment-filled trench occurred at ca. 98 Ma or during the early Cenomanian in the Shimanto Trench in response to the infilling of the Gyeongsang–Kanmon and Monobegawa basins.


[報告・資料]

サハリン島マカロフ (知取) 北方地域の上部新生界 [PDF link]
岡 孝雄
総合地質, 2巻, 20–58 頁
Late Cenozoic strata of the northern area of Makarov (Sirutori) in Sakhalin Island, the Russian Federation [PDF link]
Takao Oka
General Geology, Vol. 2, Page 20–58.

概要

マカロフ北方地域にはティム‐ポロナイスク断層沿いに古第三紀末以降の地層群が東傾斜で累計約 5,000m の厚さで重なる. マルヤマ層はその上部を占める層厚 1,500m 弱の地層で, 珪藻化石年代などから 14~1 Ma 頃 (中期中新世末~前期更新世) の地層と見なされる. クリンカ川およびテルぺニア湾岸の調査を行い, 同層は下部 (砂質泥岩~中粒砂岩で第1~4部層に細分), 中部 (極細~中粒砂岩) および上部 (礫~砂礫岩・砂岩・板状泥質岩の不規則互層で亜炭をはさむ) から構成される. マルヤマ層下部~中部は貝化石を含む上方浅海化の海成層であり, 代表的貝化石のタカハシホタテは, 下部第3部層の上部から中部のトップまで産出が確認でき, 産出期間は珪藻化石年代から, 後期中新世末~前期更新世前半 (7~2 Ma 頃) のほぼ 500 万年間である. レルモントブカ南東海岸ではマルヤマ層中部に浅海域で形成された火山岩類の存在が認められた.


[論文紹介]

Schellart, W.P. and Moresi, L., 2013. A new driving mechanism for backarc extension and backarc shortening through slab sinking induced toroidal and poloidal mantle flow: Results from dynamic subduction models with an overriding plate. Jour. Geophys. Res.: Solid Earth, 118, 3221–3248.
Zhang, S., Zhu, G., Liu, C., Li, Y., Su, N., Xiao, S. and Gu, C., 2018. Strike-slip motion within the Yalu River Fault Zone, NE Asia: The development of a shear continental margin. Tectonics, 37, doi.org/10.1029/2018TC004968.
総合地質, 2巻, 59–60 頁 (General Geology, Vol. 2, Page 59–60) [PDF link]


電子ジャーナル「総合地質」について

「総合地質」(General Geology) は北海道総合地質学研究センターから発行されるアクセスフリーの電子ジャーナルです. 会員以外の方からの投稿も積極的に歓迎いたします. 投稿を希望される方は「総合地質」の投稿・編集・出版規則 [PDF link] と原稿整理カード [PDF link] をダウンロードしてご覧ください.


電子ジャーナル「総合地質」の全巻アーカイブ

「総合地質」(General Geology) の全巻アーカイブは こちら です.


北海道総合地質学研究センターが開催する研究セミナー, 公開講座, 電子ジャーナル「総合地質」などに関する e-mail ニュースをご希望の皆さま

北海道総合地質学研究センター office@hrcg.jp 宛にお名前を添えて e-mail にてご連絡ください. その e-mail アドレス宛にニュース (不定期) をお送りいたします. お送り頂いた個人情報の取扱は北海道総合地質学研究センター プライバシーポリシー [pdf link] によります.


北海道総合地質学研究センターへのお問い合わせ・入会申込・寄付申込